EN

PROFILE

Born in Saga Prefecture, Japan in 1967.

After graduating from Kuwasawa Design School, Tokyo in 1986, studied under designers, Shiro Kuramata and Issey Miyake.
Established Tokujin Yoshioka Inc. in 2000.

Active in the fields of design, contemporary art and architecture, with works transcending human senses and themed in nature, he is highly acclaimed globally.



By giving figure to various human senses, using immaterialistic elements, such as light, sound and smell, creates expressions that is unique, surpassing the concept of shape. His work is by no means restricted to the mere recreation of the beauty of nature. By introducing experimental methods into his expressions of natural energy, scientific principles and the elements of natural structure, he creates stunning works which transcend human senses in that those who come in contact with them experience them personally, via their own memory and senses. His works also reflect concept of nature inherently Japanese, pursuing roots of Japanese culture that perceptualize natural energy and aura.



He has designed for Issey Miyake and other global companies such as Cartier, Swarovski, Louis Vuitton, Hermès, Toyota, and Lexus, and has been announcing new works at Salone del Mobile Milano (world’s largest international furniture exhibition) in collaboration with Italian furniture brands, including Kartell, Moroso, Glas Italia and Driade.

He has won many international awards, including Design Miami Designer of the Year, presented to a designer who has made the most significant contribution to design globally, Elle Deco International Design Awards Designer of the Yea and Milano Design Award.

He was chosen by Newsweek magazine as one of the 100 Most Respected Japanese in the World.

MASTERPIECES

2001

自然構造の椅子

紙の椅子「Honey-pop」(2001)は、平面から立体へと変化する椅子。わずか1センチに積層させた120枚の薄紙を広げることでハニカム(蜂の巣)構造となり、人が座ることで形状が固定され完成する。[4] 「PANE chair」(2006)は、植物の繊維構造のように、1ミリの細い繊維が絡みあうことで構造を生み出している。制作プロセスは、繊維の塊を紙管に入れ、まるでパンを焼くように釜に入れ、熱をかけることで、椅子の形状が記憶される。[5] 自然結晶の椅子「Venus – 結晶の椅子」(2008)は、水槽の中で自然結晶を成長させることで結晶構造を生み出し、椅子へと変化させる作品。

2002

ガラスプロジェクト

ガラスのベンチ「Water Block」(2002)、「Transparent Japanese House」(2002)、雨に消える椅子「Chair that disappears in the rain」(2002)、「Waterfall」 (2005-2006)、「ガラスの茶室 – 光庵」(2015)、「Water Block - KATANA」(2017)などの作品を発表している。ガラスのベンチ「Water Block」は、2011年よりパリのオルセー美術館に展示されている。

2011 -

オルセー美術館

パリのオルセー美術館において、印象派ギャラリーのリニューアルプロジェクトに参加。マネやドガ、モネ、セザンヌ、ルノワールに代表される印象派の絵画とともに、ガラスのベンチ「Water Block」10作品が常設展示されている。印象派が描いた光と調和し、歴史と現代の新しい対話が始まる空間を創出している。

2008 -

クリスタライズ

自然結晶の椅子「Venus – 結晶の椅子」(2008)は、水槽の中で自然結晶を成長させることで結晶構造を生み出し、椅子へと変化させる作品。一つの楽曲が一つの絵画となる作品、「Swan Lake - 結晶の絵画」、「Destiny - 運命」、「Moonlight - 月光」などの作品は、結晶の成長過程において音楽を聴かせ、音の振動によって結晶の形状を変化させることにより完成する。「Rose - 薔薇の彫刻」は、薔薇の色素を結晶化させた彫刻であり、生命のエネルギーを表現している。

2010・2013

「虹の教会 - Rainbow Church」

500個ものクリスタルプリズムから生み出された建築「虹の教会 - Rainbow Church」は、光を知覚する人間の感覚に着目し、見る者が光を体感することにより完成する作品。光そのものが表現されており、プリズムから放たれる分光が空間全体に映し出されることで、虹色に満たされる建築である。

2011・2015 - 2017

「ガラスの茶室 - 光庵」

2011年、第54回 ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展にて「ガラスの茶室 - 光庵」を建築プロジェクトとして発表し、2015年に京都の天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台に設置された。[9] 将軍塚青龍殿には、日本三大不動の一つに数えられる国宝 青不動明王が奉納されており、標高220メートルの大舞台からは京都市街を一望することができる。この場所は、延暦13年(794年)に桓武天皇が訪れ、京都盆地を見おろしながら京都こそが都にふさわしいと確信し、それをきっかけに都の建設に着手したという日本の文化を象徴する京の都の始まりとなった場所とも言われている。

2000
Tokujin Yoshioka Design
2000
TōFU / Yamagiwa
2001
THINK ZONE / MORI building
2001
Water Block
2002
Transparent Japanese House
2002
Chair that disappears in the rain

EXHIBITION

1998 - 2000
SSEY MIYAKE Making Things / Fondation Cartier pour l'art contemporain, Ace Gallery NY, Museum of Contemporary Art Tokyo
2002
Tokujin Yoshioka Honey-pop, MDS/G